水道水が不味くて、そのまま飲むことができない、臭いので、安全性に不安、と思う人は多いはずです。地域によって、水道水の安全性は異なりますが、大きな都市ほど、水が美味しくない場合が多いです。なぜかと言うと、水道水が引き込む河川の水質自体が悪いからです。工場排水などが多ければ、当然有害物質は少なからず含有されています。

しかし、各家庭に水を供給しなければならないので、浄水場で河川の水に殺菌処理を加えるのです。塩素を利用しますので、殺菌はされても塩素による有害性は否定することができません。そこで、利用するのが浄水器です。常に浄水を利用したい人は、ビルトインタイプなどの高価な商品を購入しますが、多くの場合、蛇口直結型の浄水器を購入します。

口コミランキングなどを見ても、最も人気が高いのが蛇口直結タイプです。ランキング上位の浄水器は、フィルタ―の除去性能が高いものです。家電量販店やホームセンターなどに行きますと、さまざまなメーカーの商品が販売されていますが、価格は数千円から数万円するものなど、かなりの価格差があります。安い浄水器を購入すれば良いと短絡的に考えるのではなく、性能を重視することが大切です。

また、蛇口に取り付けるのですから、邪魔になってはなりません。人気ある商品は、性能だけでなく、小型化されている商品や、機能性、デザイン性に優れる商品が上位にランキングされています。水は人が生きるために絶対に必要なものです。安全な水を確保できる性能のある商品を購入した方がよろしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です