タイプによる比較では、ポット型・蛇口型・据置型。価格や性能から「据置型」がいちばん安心できると言えます。大型のものから小型のものまで種類も豊富ですが、どれも除去能力に優れた浄水器です。蛇口の横にも置けるコンパクトタイプやシンクの下に置くタイプなどさまざまですが、カートリッジの交換期間が長いため、購入時の価格が高いと感じても長期間で考えると、意外とコストパフォーマンスは良いのです。

浄水器に関しては、価格が高ければそれだけ性能が良いといえますが、水量とカートリッジの交換期間を合わせて比較すると、水量が少なければカートリッジの交換期間は短くて当然です。据置型と比べてポット型が安いからと言って性能が良くないということはないのです。また、いちばん普及しているとされている蛇口型は、特に種類が豊富なため使いやすさや除去性能、カートリッジの価格や期間からコストパフォーマンスの良いものが選ばれています。どの浄水器を購入するにしても、表示を確認することは必須です。

どのような除去性能があるかを確かめたうえで購入することが望ましいのです。比較する項目としてあげられるのは、タイプと大きさ・性能・価格が主ですが、家族構成によって使い方が異なるため検討する際にはそれぞれの家庭の優先順位を確認すると良いでしょう。国内で製造されたもののほか、高性能のアメリカ製やドイツ製なども発売されていて、さらに水にこだわっている人には、浄水器のほかに製水器にも人気が集まっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です