ウォーターサーバーは、飲みたい時に、美味しくて安全な水を飲めるのが魅力です。しかし、いつも安全な水を飲むためには、定期的なメンテナンスが必要になります。ウォーターサーバーの会社に頼むこともできますが、基本的なメンテナンスなら、自分でも簡単に行えます。ここでは、ウォーターサーバーのメンテナンス方法3つをご紹介しましょう。

一つ目は、キッチンペーパーで芯棒の周りを拭き取ることです。ウォーターサーバーの水は、塩素などが含まれていないため、水道水よりもバクテリアなどが繁殖しやすくなっています。芯棒の周りに水が溜まったら、小まめに拭きとるようにしましょう。二つ目は、コック内の汚れ落としです。

コックの中は、汚れやほこりがつきやすく、放置しているとどんどんたまっていきます。水の通り道でもあるため、そのまま使用していると、でてくる水にも汚れやほこりが混じってしまいます。綿棒や歯ブラシを差し込んで中をきれいに掃除し、いつも清潔に保っておきましょう。三つ目は、サーバー本体の掃除です。

濡れ付近でホコリや汚れをふき取り、見逃してしまいがちな側面や裏側も、綺麗にしておきましょう。このように、3つのメンテナンスを定期的に行っていれば、大掛かりなメンテナンスをウォーターサーバー会社に頼まなくても、安全な水を飲むことができます。毎日行う必要はなく、ボトルを交換するついでにメンテナンスを行うよう、習慣づけておくと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です